手術前の下準備がポイント

女性

決める段階と手術当日の2回で準備が必要

二重に整形したいときには2つの段階があります。まずはカウンセリングを受ける時です。ここで、手術方法の説明や、体質のチェックから実際のまぶたの診察まで行います。この診察を元に方向性を決めるので、カウンセリングでどのくらいの二重の幅にしたいのかや、なりたい目のシルエットなどをある程度決めて伝えなくてはなりません。ですから、カウンセリングを受ける時までに、準備としてなりたいイメージを固めておくことが必要です。実際の申し込み方法ですが、決めたクリニックでカウンセリングの予約を取らなくてはなりません。多くのクリニックでカウンセリングはプライバシーを重視して予約制です。そのために電話やネットからカウンセリングの予約をします。この時には細かい希望までは決めていなくても、詳細までヒアリングはしないことがほとんどです。また、カウンセリングのときの注意事項なども指示があるので、準備をしてじっくりとまぶたを見てもらい、二重の手術の提案を受けられるように準備しておきます。もし、その場で納得できたら整形手術を受ける契約をします。費用が高くてローンやクレジット払いにする予定なら、審査のために身分証や勤務先の連絡先なども控えて持っておくのがおすすめです。契約書や医療費用のローンの申込書もスムーズに記載できます。

一重だとどうしても表情が冷たく感じてしまうのがネックです。冷たい印象が不愛想とか、怒っていると勘違いを生んでしまい、本当の自分とはちがう印象を勝手に抱かれてしまう可能性があります。それが自信を無くしてしまう要因になる方もいますから、人間関係を知らず知らずのうちに、可能性を狭めているかもしれません。二重の整形に興味を持っている方は、多くが一重で悩みやデメリットを感じているでしょう。自由診療なので保険はききませんが、その費用を払ってでもパッと明るい、人に警戒心を与えない二重にするだけの利点があります。例えば目に力があるように見えるので活気があると感じます。また、メイクでも、目を強調しなくてもメリハリのある顔立ちに見えます。メイクに頼りすぎないナチュラルなメイクを楽しめるようになります。これは長く続けることで肌への影響にも大きく差が出てきますので、将来の肌やまつげの健康美にもプラスです。すっぴんになった時にも二重が続くと、自分にも自信が出てきます。さらにメイクの負担を軽くすることで時間の短縮にもなります。二重の整形をすることで朝の忙しい時に少しでもスピーディーに、でも顔立ちは印象的になるので満足度も高いです。二重整形は効果が続くので、費用対効果には納得できるでしょう。